音響機材、DAW&DTMや、いろいろ音楽の新2chまとめブログ【DTMとはとはニュース】です。
DTMとはとはニュース~DTMまとめ~ TOP  >  スポンサー広告 >  合計 >  新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件

1: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 13:05:36.00 ID:fg0HPuKK.net
(前略)

日本の音楽市場、前年比16.7%減 Spotify上陸予想で「今年は変化」も - http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/19/news121.html

>日本レコード協会によると、2013年の日本の音楽売り上げは約2940億円と、パッケージの減少などで前年比16.7%減の大幅な落ち込みとなった。

毎年16.5%落ちますと、10年後にはいまのマーケットの16%まで縮小します。そういえばスガシカオさんでさえ

「DLだと制作費全部赤字。CD買ってほしい」 スガシカオが明かすミュージシャンの厳しい現状 - http://www.j-cast.com/2014/05/25205685.html

とTwitterで苦しい胸の内をあかしてニュースになっておりました。そのDLも2年で半分になっていたら、もう手の打ちようがないじゃないですか。

http://blogos.com/article/90928/


8: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 22:23:10.56 ID:iAqprfxj.net
>>1
まあ
心配するほどのことはないと思うけどね
マスメディアが音楽を支配した20世紀は終わったんだよ
これからは ネットが音楽を支配する時代さ
そしてこんな時代でも伸びてる音楽ジャンルもあるよ
EDMとか
Nicky Romero & Anouk - Feet On The Ground
https://www.youtube.com/watch?v=s8VzFeOUM8s


2: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 13:06:08.13 ID:fg0HPuKK.net
■なぜ音楽がだめになったのか、勝手に推測する

ずっと以前、似たようなエントリー書きました。

ネットの普及で割り食った皆様・・・第1回は音楽業界 - http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=807

音楽CDの販売部数は世界的に1998年をピークに大きく減少。1998年というのはですね、日本での個人向けインターネットサービスが始まった年です!
その年がピークでネットの普及とともにマーケットが収縮し始めた。関連性がないわけがない。
CDアルバムは1999年から2010年の11年間で45%のマーケットが吹き飛んでしまいました。
その2012年のみ8cmCDが馬鹿売れして少し戻しましたが(AKB総選挙効果?)、そのあとはまた減っています。
昔からやっていてライブの大箱を満席にできるアーチストは食えているが、そうでないとめちゃくちゃきついわけ。
バンドのみなさんはグッズ販売とかで食いつないでいらっしゃるそうです。

1 YouTubeにやられた説

音楽業界の友人は「やはりYouTubeの影響が大きい」と申しておりました。
現在ではYouTube無しではプロモーションもできないので、業界は仕方なく積極的にYouTubeを使用します。
市場の大半を占めるポップスやダンスミュージックなどのファンは、音質に高いクオリティを必要としていないから、
YouTubeの動画で満足してしまうという説が大方の見方ということらしいです。
ダウンロードもアプリでできるからiPodやスマホに落として聞いたり見たりできる。だったら買わなくていいやになる。

2 ダンスや振り付け必須になり、ジャンル全体がかなり減った

加えて、現在の音楽は「ダンス+音楽」でひとつのセット商品になっていて、昔の演歌みたいにじっと立って歌うなんていうのは商品として認められなくなっているわけです。
振り付けでぎくしゃくする時点でプロモーション不可。逆に歌はたいしたことなくても、大人数で振り付けで踊るのが日本では主流に・・・。

134: 名無しサンプリング@48kHz 2014/09/13(土) 08:12:29.70 ID:XQ4Xw8zR.net
>>2
大うそつきだな
>1998年というのはですね、日本での個人向けインターネットサービスが始まった年です!

1993年 TWICSから始まって1994年には複数業者に拡大した
オレはrimnetで1994からだぞ MacでMosaicだった win3.1はtcpip設定が面倒だったな
他にベッコアメやasahinetなんかも1994
1994で本格的に火がついて
ネット接続ブラウザー使用のGUI(なつかし語)ウインドウズ95発売がこれを加速させた

一般的にこれは本物だっていうのが1996頃
1998年なんて言ったらgoogleとかでてきた頃でこれでyahoo以外はなくなる位
つまりいろんなネット技術が戦いあっていた位ネット人口はすでに大きかった

1998っていう歴史認識からして正しくないってことは
そのあとの展開も怪しい

音楽がネットで聞けるようになったからパッケージを買う必要がなくなっただけだろ
音楽はパッケージじゃないところで生きている

困ったのはパッケージ販売依存の既存レコード会社とその流通中抜きに依存していたJASRAC
音楽やるやつが減ってるわけでもなく
金儲けの手段が変わっただけ

チョンマゲ 刀 の時代じゃなくなった

3: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 13:06:43.72 ID:fg0HPuKK.net
3 若者がクルマに乗らなくなった

自分の主観ですが、日本の場合はこれがでかいと思う。

若者のクルマ離れ」の調査からわかったことは意外にも? - http://news.mynavi.jp/news/2014/07/14/424/

田舎とかマイルドヤンキーの友人が多い方は「?」かもしれないが、確実に若者はクルマ離れしている。
トヨタもドラえもんCMでなんとか免許くらいは取らせようと痛々しい。都会の若者は免許さえ取らないんだもん。若者の車離れには、

20代未婚男性の40.7%が交際経験なし -「恋人がいる」はわずか22.1% - http://news.mynavi.jp/news/2014/07/11/081/

も大きな相関関係にあるでしょう。クルマが無いから彼女ができないのか、彼女ができないからクルマが不必要なのかはわからないが、マイルドヤンキーの結婚年齢が早いのはクルマの所有率が高いからというのを私は主張してます。
クルマは密室だからデートでドライブにいくと恋愛のKPIが跳ね上がるのです。また「海に行こう」「ドライブに行こう」は女子を誘うのにとっても有効な手段です。

で、ここに音楽も相関関係で割を食ってしまったというのが永江理論。
若いときにクルマでデートするときにはムード盛り上げのためにCDけっこう買いましたよ。カセット時代はみんな自分で編集して盛り上げ用リミックステープ(笑)を作っていたではないか。
経験が無いとは言わせんぞ!!オラオラ。自分の好みの押しつけではなく、相手の女の子の好みのを用意しておくとか、ムード盛り上げのためとか相当に投資していたはずだ。

若者が車に乗らなくなった

クルマで音楽をかけない

音楽マーケットの縮小

4: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 13:07:18.79 ID:fg0HPuKK.net
どうですか、この決めつけ。ユーミンとかサザンとか山下達郎にはじまりワムに至るまで、デート用音楽というジャンルは確かに存在した。
AKB48を初めてのドライブで掛けまくったらかなり引かれると思うけど、いまはOKなのか???だれか教えてくれ。
クルマ離れはアメリカでは無いと思うので、これが原因なのは日本の場合だけのようだと推測します。
つまり80年代に存在していた「他人に聞かせる」音楽マーケットの消失という説ですね。
いまの音楽は自分のために聞くだけ。バブル崩壊までナンパ意欲というのはそりゃ凄い物だったから、車や着る物にもお金を掛けた。
音楽も小道具だったから惜しげも無く掛けた。
そのマーケットが無くなってしまっていまは自分でヘッドホンで聴くだけです。
であれば自分の好みのしか買わないので、マーケットが縮小したわけですな。

■音楽マーケットの収縮とともに訪れるもの

明治時代は小説や画家になりたい人がたくさんいて、武者小路実篤の小説とか読むと、大学の文系に行くとみんなそんな感じだった。
ところが昭和のおしまいあたりからはよほどヒットしないと食えなくなり、才能はマンガに流れたと思う。手塚治虫氏なんて画家でも小説家でもいけたでしょう?

「音楽では食えない」→「ミュージシャンになりたい人が減る」→ 音作りの才能がある人はいったいどのジャンルに??
ユーチューバーか、ゲーム音楽か、それがわかったら苦労はしませんが、
いずれにせよスガシカオさんみたいにコストと手間をかけてじっくり音作りをする方達にはめちゃ厳しい時代のようです。
お金の為じゃないとはいっても、全くお金にならないことになかなか人生は賭けられません。

スガシカオさんとかはファンに向けて「クラウドファンディング」とかやったらいいと思う。
投資してくれた人たち(本当のファン)だけに向けて音楽を作るっていう手もあるよね、きっと。

5: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 13:10:28.35 ID:z9FrocRw.net
ライブエンタテイメント市場が1000億強から、この10年で2000億強になってたり、
関連物販市場が広がったりで、音源市場以外は悪く無いんだけど、音楽。

だからこそ、JASRACの徴収額はCDバブル全盛期より100億くらい多いし、
音楽関連ビジネス拡大してる大手レコード会社は、CDバブル期以上に稼いでる。
露骨に衰退してるのは音楽の音源販売市場くらいじゃね。

7: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 17:46:57.55 ID:hgn92FGQ.net
いや単にネットで無料で聴けるようになったから
そのひとこと
音楽で金を莫大に稼ぐのはもう無理
副収入ぐらいは稼げるかもしれないけど

9: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/21(月) 23:11:13.26 ID:/Og6+9Zo.net
逆やねん
クオリティをあげなアカンねん

20: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/26(土) 01:03:52.51 ID:VbB+e7+W.net
ボッタクリ過ぎだよ
これだけ消費者バカにしてりゃ、バカにされてる方も気づくって

23: 名無しサンプリング@48kHz 2014/07/27(日) 17:48:24.33 ID:0kkyzRtK.net
音楽業界が終わるの定義が良くわかんないな
新聞終わるって確かに神の新聞は無くなるだろうけど
webに移行するだけだしニュースの配信元として生き残るよね

34: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/02(土) 00:46:50.19 ID:sZNMAQ4F.net
結局のところ、日本でいろんな形で大きくお金になってきた音楽って
ナントカ用音楽がほとんどで(デート用、アイドル商品用、映像用、カラオケ盛り上がり用、etc etc)
音楽を聴いてもらうための音楽、のマーケットは常にとても小さかったわけです

そのナントカ用の「ナントカ」の新ネタはもう見つけられないですかね・・・。
見つからなかったら音楽業界は終わりますね、何かの別業界の1部署な位置に収まると思います。

35: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/02(土) 04:10:34.46 ID:i69oW5v9.net
何々用じゃない音楽ってなんだろね?
教会音楽、サロン音楽、宮廷音楽
行進曲、パブミュージック、ダンスミュージック
農作業など労働歌
ジャズだっていろいろあるが飯食いながら聞く音楽でもあるわけで

そういう側面は日本にかぎった話ではなかろうよ
幾人かの天才が時折そのカテゴリーを超越した純音楽ともいうべき作品を残してきた
だけで
音楽はやっぱり添え物的な部分はあるかもしれない
けどなくなるってことは絶対ないし
なくてはならないものだと思うぜ

酔った勢いで書いてみた

36: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/02(土) 07:14:17.58 ID:em5+RdJR.net
現代音楽か?

44: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/04(月) 22:17:19.52 ID:1nVprNdh.net
ラジオやレコードといったものが出て来た頃のスター(既得権者)って舞台に立ってた人たちだったのよね
できて日の浅い新興のメディアにとってそういう人たちは、高いギャラを要求されたりもして使いづらい存在だったので、自分たちで新しいアーティストを発掘するようになっていったのね
そういう人たちの中からロックスターは生まれたわけ
だから、何か新しいスターシステムが生まれれば、新しいものが出て来るんじゃないかな

45: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/05(火) 00:23:18.45 ID:ROB33Ja2.net
20世紀のスターシステムは、全体主義と親和性が高い「マスメディア」を前提としたシステム。

1980年代以降急激に発達したグローバルニッチ市場対応の流通システム
(日本だとミュージックマガジン→六本木WAVE開店、インディペンデント・レーベルによるシーンの多極化→マイナーレーベルのネット対応)や、
ロングテイル対応の流通システム
(中古レコードショップ→クラブDJブームによる過去の名盤発掘→Amazonをはじめとするネットショップ)
の下では、スターシステムに必要なヒエラルキーが小規模になるから難しいだろうなぁ。

そもそも音楽が娯楽として流行したのは
他のクリエイティブやメディアと比べて
制作・複製・流通・再生コストが安くて手軽だったからだろう。
ビデオ制作や配信がコモディティ化した今日では、音楽が本来あるべき妥当な位置(他のコンテンツの一要素)に逆戻りせざるを得ないだろう。

103: 名無しサンプリング@48kHz 2014/08/30(土) 09:36:21.81 ID:VvcTreyp.net
音楽制作はオワコン。作らなくも既に名曲がゴロゴロあるしw
タダで聴ける時代w
つべが大きくなる前にレコード業界が圧力掛けて潰さなかったから。もう手遅れ

140: 名無しサンプリング@48kHz 2014/09/18(木) 14:57:25.57 ID:FdeeSUc1.net
世界的に日本民謡が売れる時代・・・ねーよw

141: 名無しサンプリング@48kHz 2014/09/18(木) 16:53:12.74 ID:25uQX/rK.net
↑100パーセント無いとも言い切れないが
いまでさえ色々な人が色々なジャンルを聞き始めてヒットが出難くなった(説)というのに
その中で日本民謡が一番に躍り出るって事はなさそうだね。

145: 名無しサンプリング@48kHz 2014/09/23(火) 02:04:00.01 ID:5P4JNWMQ.net
どう考えても業界といっしょに音楽屋も終わりだろう…
まあチンドン屋でも開業しろよ。あれだってライブ演奏だし。今は文化財的に
ウケる要素がある

180: 名無しサンプリング@48kHz 2014/10/05(日) 17:37:30.43 ID:/8U03gXT.net
電通が流行を作ったりCDの数で競ったりするマーケティングの時代が終わるだけで
音楽自体はステージを変えながらまだまだ続いていくと思う
聴くだけで成立する以上の手軽な娯楽とかが出てきたら違うのかもしれないけど

193: 名無しサンプリング@48kHz 2014/10/17(金) 12:19:39.23 ID:Dj41wryy.net
音楽好きな人も多少はいるから、その人達の好みにはそれなりに多様性もあるだろうね。
ただ、そもそも音楽を好きな人はそんなにいない。
この曲のどこが気に入った? このアーティストの何が好きなの?
というような質問に「歌詞が好き」と答える人はかなり多いけど
その人達のほとんどは(もちろん全員ではないけど)音楽自体は大して好きじゃない。
意味を聴いているわけであって音は聴いてない。

まあその点、意味が分からない洋楽とか、クラシック等のインストを主に聴いてる人は音楽好きが多いだろうね。
今の日本にはずいぶん少なくなったけど。

206: 名無しサンプリング@48kHz 2014/10/19(日) 03:16:43.38 ID:RihwqNTW.net
>>193
日本語のポップスが好きだけど歌詞で何を言ってるかちゃんと追ったりしない
雰囲気だけ聴いてる
歌詞が好きなアーティスト、なんていない

洋楽はむしろ80年代とかそれ以前のを聴く
基本、歌声と歌メロが好きなんだと思う

233: 名無しサンプリング@48kHz 2014/11/05(水) 01:14:20.60 ID:VpCNLvLG.net
CDはもう「音楽」を売るための入れ物ではなくなったので
別の業種なんですよ

234: 名無しサンプリング@48kHz 2014/11/07(金) 03:28:28.71 ID:eCewd8JF.net
確かに、CDで音楽聴いてるヤツなんてもうほとんど見かけないしなあ

235: 名無しサンプリング@48kHz 2014/11/07(金) 18:12:42.66 ID:UJnKhHOe.net
音楽をやっている人間ですらCD買わないっていう人増えたしなぁ。
iTunesで買ったりっていう話はまだ聞くけど。

251: 名無しサンプリング@48kHz 2014/11/16(日) 14:31:28.92 ID:wkhJcNxE.net
なるほどDTMブームがついに来るのか
胸熱だな

270: 名無しサンプリング@48kHz 2014/11/26(水) 10:14:31.54 ID:LkbZN45G.net
地方で音楽を楽しむ方は、CD盤の発売(レコード会社)を 意識しなくても

You-Tubeを 意識して作ればいい。

283: 名無しサンプリング@48kHz 2014/12/03(水) 04:30:53.17 ID:mXR1sUgp.net
音楽のプロなんて本当少数で
多くの音楽好きがちょびっとの小遣い稼ぎ程度に手軽に音楽に関わってたほうが
「音楽の発展」って意味では有りかも
勿論金かけて発展させた方が一気に成長するとは思うけど
成長自体が伸び悩みだしジワジワ遊んでいくのが一番じゃないかな

284: 名無しサンプリング@48kHz 2014/12/05(金) 01:01:25.08 ID:vI4lL2Jc.net
音楽の発展は例えば、きっかけ、活用、拡散、みたいなステップが必要で
きっかけ→新しい楽器やテクノロジーの開発
活用→天才的音楽家がそれらを使って新しい音楽を発表
拡散→それがヒットしてリスナーの中に含まれている新世代の音楽家に刺激やアイディアをもたらす
みたいな流れだったりするんだろうけど
新テクノロジーの刺激が足らないのか天才音楽家がいないのかその両方があったとしてももうヒットしないのか

DTMとはとはニュース記事一覧


以下他サイトおすすめ記事


関連記事
[ 2015年01月14日 05:52 ] カテゴリ:合計 | TB(-) | CM(-)
関連アイテム
おすすめサイト&記事
    RSSデータ読み込み中……
ソフトランキング

記事検索
次世代DAW AlphaSphere
UKブリストルのNu-Desine社製AlphaSphere
Talvin SinghやGaudiなどのライブで登場。管理人もユーザーです。。
おすすめサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。